掃除&片付けの手順

掃除&片付けを始める場合、最も気になる所から掃除を始めるのがおすすめです。たとえば、散らかりやすい子供部屋の場合、「今日は本棚を徹底的に掃除しよう」と片付ける範囲を決めましょう。自分にとって無理のない範囲が好ましいのです。焦らずゆっくり片付けていけば、達成感を味わえるでしょう。そして片付けが楽しくなるのです。部屋の片付けを習慣化する二つ目のコツは、片付けで注意すべきこと、です。まずは、「要らないもの」は次々と処分する、ということです。汚部屋になりがちな人は、「必要なもの」と「要らないもの」の区別ができていないのです。「要らないもの」まで部屋にたまっているため、整理整頓ができていない環境になるのです。よって、片付けで注意すべきことは、「要らないものを処分すること」になると言えます。自分にとって必要ないもの、使っていないものはすぐに処分しましょう。捨てるべきか、取っておくべきか悩んだときは一年以上使ったかどうかを目安にしてみてください。一年以上使っていないものはこれから先も使わないと言えるでしょう。処分したほうが収納スペースに余裕ができるのです。収納スペースは常に余裕をつくっておいたほうがいいでしょう。新しいものを購入したとき、すぐに収納しやすくなるのです。

また、汚れが際立っているところから掃除することも大切です。たくさんのものであふれている部屋は、どこから掃除すべきか悩んでしまうものですね。掃除は、特に「汚れが際立っているところ」から始めることが肝心です。汚れが目立っているところはほこりがたくさんつもっていますね。ほこりがたまっているところを後回しにすると、せっかくきれいにしたところが再び汚れてしまうでしょう。